一定の職にある者またはあった者が、その職務上取り扱った

 ことにつき知り得た人の秘密を漏示する罪をいいます。



  人の秘密を守るため、我が国の刑法は、他人の秘密を知りやすい医師、

 薬剤師、医薬品販売業者、助産師、弁護士、公証人、または以前

 これらの職にあった者がその職業上知ることのできた他人の
 
 秘密 (例えば前科とか、性病患者であるといった事実) を
 
 漏らした場合を処罰します。

 刑は6げつ以下の懲役、または10万円以下の罰金に処せられます。

 医師、弁護士などの職業に当たる人だけが罪になり、看護師とか

 事務員などの助手や補助者が、職業上の秘密を漏らしても

 罪には問われません。