他人の不動産を奪い取る罪をいいます。


 不動産とは土地およびその定着物 (建物, 立木, etc) です。

 この罪が昭和25年の刑法の一部改正によって設けられたのは、

 不動産の急激な高騰にもかかわらず、これについて窃盗罪を

 認め得るかを巡って学説・判例に対立があり、立法によって

 解決する必要があったことによります。

 もし、建物をそのまま引きずり去ることができれば不動産窃盗と

 いえるのでしょうが、建物を移動させないでそのまま奪取 

 することが窃盗になるかどうかは問題であり、

 判例はこれを否定していました。


 

  侵奪とは、他人の不動産を奪取することです。


 他人の土地に無断で建物を建てたり、他人の建物に住み込んだりすると、

 この罪に問われます。

 しかし、建物を賃借した者が、賃借期間が経過した後、引き続き

 それを不法に占拠していても、これは奪取したとは

 いえませんので、この罪は問われません。

 自分の不動産であっても、他人が正当な権原によって占有し、

 または、公務所の命によって、他人が看守しているものは、

 他人の不動産とみなされ、それについても

 この罪が成立します。

 侵奪は、目的物の移動を伴いませんが、窃盗について

 説明したことは侵奪に当てはまります。

 刑は10年以下の懲役に処せられ、未遂も罰せられます。