So-net無料ブログ作成

あのカテゴリ記事一覧

カテゴリ:あ

あのカテゴリ記事一覧。さまざまな法律用語について分かりやすく解説していきます


年金担保融資とは、年金を担保に融資を行うことを法律上認められている福祉医療機構以外の債権者が,違法に年金を担保として融資を行うことです。福祉医療機構以外の債権者..

記事を読む


 裏書が、所持人まで形式的に連続しているとみられることです。裏書連続の認められる手形は、所持人が権利者であるかどうかについての挙証責任を債務者に転換する効力を持..

記事を読む


 指図式または記名式の手形・小切手を譲渡する方法です。手形は、所持人が裏書によって手形を取得したか、相続や会社合併などで取得したか、にかかわりなく、また、本文中..

記事を読む


 ある財産に付けた保険の保険金額がその財産の保険価格に達しない保険。  例えば、価額1000万円の家屋の所有者が、その家屋に600万円の火災保険を付けた場合など..

記事を読む


 他の株式会社の総株主の議決権の過半数を有するなどその経営を支配している会社を親会社といい、他の株式会社を子会社といいます(会社法2条3号・4号、「経営を支配し..

記事を読む


 指名委員会、監査委員会、報酬委員会を置く株式会社をいいます。  委員会設置会社の制度は平成14年の商法改正以降導入されたものであり、委員会制度と執行約制度を組..

記事を読む


 頼母子講は無尽講などとも呼ばれ、社寺への参拝に必要な経費や何かの購入資金を得るために考案されたもので、今日は「無尽業法」という法律によって規定されています。 ..

記事を読む


訴えの取下げ 訴えが提起された後に、もはや審判を求めない旨の、裁判所に対する原告の意思表示のことです。 AがBの所有地に、無断で小屋を建てて使用しているので、B..

記事を読む


 捜査において証拠物または没収すべき物を集め、確保しておくための処分であって、原則として裁判所が行い、時には裁判官が行います。また、押収には差押え、提出命令、領..

記事を読む


 引致とは司法巡査が自ら逮捕しまたは私人から引き渡された被疑者、検察事務官が逮捕した被疑者を司法警察員、または検察官に引き渡すことをいいます。 司法巡査が自ら逮..

記事を読む

違法年金担保融資

  •  カテゴリ:
年金担保融資とは、年金を担保に融資を行うことを法律上認められている福祉医療機構以外の債権者が,違法に年金を担保として融資を行うことです。

福祉医療機構以外の債権者が行う年金担保融資は,貸金業法により刑罰が科せられているばかりか,公序良俗に違反する無効な行為として,元金も含めて一切返済する法的義務はないと考えられています。(和歌山簡易裁判所平成19年3月20日判決参照)。

 カテゴリ

裏書きの連続

  •  カテゴリ:
 裏書が、所持人まで形式的に連続しているとみられることです。

裏書連続の認められる手形は、所持人が権利者であるかどうかに

ついての挙証責任を債務者に転換する効力を持ちます。

 形式的に裏書がつながっていて、手形が正当に譲渡されてきたと

みられる外観が認められる場合には、ほとんどの場合、所持人は、

本当の権利者です。

そこで、裏書連続のある手形の所持人は、自分が権利者であることを

証明しなくとも、手形を呈示して請求できる資格(形式的資格)を

認められています。

 更に、裏書連続の外観のある手形を譲り受けて所持している人は、

たとえ譲渡人が権利者でなくとも、また、譲渡行為に制限能力、

無権代理などの瑕疵があっても、資格によって保護され、

その悪意、重過失が立証されない限り、手形を返還

することを要しません(善意取得)。

また、裏書連続を信頼して、所持人が権利者であること重過失なく

信じて支払いをした債務者は、たとえ所持人が権利者でなかった

場合も、本当の権利者に重ねて支払いをする責任はありません。

このようにして、法は裏書連続ある手形の所持人を保護し、また、

裏書連続に対する信頼を保護して、手形(小切手)の流通を

安全でスピーディーなものにしています。

 この形式的な資格の前提となる裏書の連続とは、要するに、

第一に受取人が裏書をし、その裏書で被裏書人に指定され

ている人が第二の裏書をし、更に第二の裏書で被裏書人

として指定されている人が第三の裏書をする、という

順で、現在の所持人まで裏書がつながっていることです。

なお、白地式の裏書が介在している場合は、次の裏書人は、白地式裏書で

手形を取得したものとみなし、最後の裏書が白地式の場合は、所持人は

その裏書で直接手形を譲り受けたものとみなして、裏書の連続

を認めています。

 被裏書人の記載と、次の欄の裏書人の署名とは、あくまで形式的に

つながっていれば十分であるし、また、形式的につながって

いなければなりません。

すなわち、裏書に、制限行為能力、偽造、虚無人署名、無権代理など

無効なものが交ざっていても、形の上でつながっていればよいです。

裏書や受取人名が変造されたことが主張されても、

裏書連続は害されません。

逆に、被裏書人と裏書人とが本当は同じ人であっても、表示の仕方が、

常識で考えて同じ人を示したものと読み取れないような場合は

連続は認められません(例えば、「榎本和照」が「榎本浜次郎」の

僧名であることは当然にはわからないから2つは連続しない、等)。

 もっとも、記載上同一人であると読み取れればよいのであって、

一字一句厳密に一致することは必要ありません(甲と甲代理人乙、

甲会社と甲会社取締役乙は、代理署名として連続するし、

椿井商店と椿屋商店椿井健蔵も連続を認められる)。

また、甲と甲相続人乙も形式上は連続するとみていいです。

 裏書のどれかが抹消されている場合は、一般には正当な末梢である

可能性が大きいので、外観上明確に抹消された裏書は、抹消権限の

有無や末梢の時期いかんを問わず、はじめから記載されなかった

ものとして連続を決めます。

記名式裏書の被裏書人の記載だけが抹消されている場合は、正当な

抹消かどうかにかかわりなく、白地式裏書をみて連続を

決めてもいいです。

 裏書連続のある手形の所持人は、手形で請求できる資格を認め

られるだけであるから、所持人が実質的に無権利者であることを

反証すれば、債権者は支払いを断ることができます。

また逆に、裏書が連続しておらず、資格が認められなくとも、

自分が実質的に権利者であることを立証すれば請求ができます。

 カテゴリ

 タグ

裏書

  •  カテゴリ:
 指図式または記名式の手形・小切手を譲渡する方法です。

手形は、所持人が裏書によって手形を取得したか、相続や会社合併などで

取得したか、にかかわりなく、また、本文中に、「またはその指図人へ」

という文言(指図文句)が記載されている形式のもの(指図式)も、

また、指図文句が記載されていないもの(記名式)も、いずれも

原則として、裏書という方法で譲渡できるものとされています。

小切手は普通は持参人払式であって手渡しで譲渡できるが、記名式・

指図式の小切手は裏書で譲渡できます。

 もっとも、手形や小切手に「裏書禁止」「譲渡禁止」「□□殿のみへ・・」

というような言葉(指図禁止文句)が明確に書いてあると、裏書の方法で

譲渡することはできず、指名債権譲渡の方式によってでなければ

譲渡できず、その効力も、指名債権譲渡の効力しかありません。

判例は、指図禁止でない一般の手形を裏書によらず指名債権譲渡の

方式で譲渡することもできるとしているが、裏書できる以上は、

必ず裏書(あるいは例外的に交付)の方法によるべきだと

する説も有力です。

 いちばん正式な裏書のやり方は、手形の表面、裏面、または謄本あるいは

付箋または補箋(はがせばあとのつくような程度にしっかり手形に

つけた紙片)に、裏書を受ける人(被裏書人)を指定し、裏書人

が署名します。

手形用紙の裏書欄には「表裏の金額を□□殿(またはその指図人)へ

お支払い下さい」という文句(裏書文句)や裏書日付欄が印刷され

ているが、裏書日付は要件ではありません。

 簡単な裏書のやり方として、被裏書人を指定しない形式の

裏書(白地式裏書)、および裏書文句も書かない「単なる

署名だけの裏書」(簡略白地式裏書)も認められます。

 署名だけの裏書の場合は、手形保証や引受の署名と区別するために、

必ず手形(またか謄本)の裏面または補箋だけにできます。

しかし、手形の表面に「裏書人 甲野一郎㊞」と署名されている場合は、

裏書だということがはっきりしているから、普通の白地式裏書として

有効になります。

 手形に、裏書の署名をした人(裏書人)は、為替手形の支払人が引受を

断ったり、約手振出人や為手支払人が支払いを断った場合に、手形金を

償還する義務を負います。

もっとも、「裏書人としての担保責任を全部又は一部負わない」という

文句(「反対の文言」→手形法15条1項、小切手法18条1項)を書いて

裏書すると、記載どおりに担保責任を負わないですみます(無担保裏書)。

更に、「今後は裏書をしてはならない」という文句を書いて裏書すると、

それ以後新たに裏書を受けた人に対しては、担保責任を負わないで

すみます(裏書禁止裏書)。

 裏書人から手形・小切手の交付を受けると、被裏書人は、手形・小切手で

すべての署名者(引受人・振出人・裏書人など)に請求できる権利を

取得します。

 また、白地式裏書を受けた被裏書人は続けて裏書で手形を譲渡できる

だけでなく、裏書をしないで、そのまま手渡しで輾転と手形を譲渡

することができます。

 カテゴリ

 タグ

一部保険

  •  カテゴリ:
 ある財産に付けた保険の保険金額がその財産の保険価格に達しない保険。
 
 例えば、価額1000万円の家屋の所有者が、

その家屋に600万円の火災保険を

付けた場合などに生じます。

 この場合の保険者の負担額は担保金額に対する割合によって定めらます。

したがって、この家屋に400万円の損害が生じたときには、

 400×(600/1000)=240(万円)

 だけがその家屋の所有者支払われることになります。
 
もっとも、特約によって、生じた損害額を常に保険金額の範囲内で

支払うことがあり、例えば住宅火災保険では、

保険金額が保険価格の一定割合以上であれば、

このように取り扱われています。

 カテゴリ

親子会社

  •  カテゴリ:
 他の株式会社の総株主の議決権の過半数を有するなど

その経営を支配している会社を親会社といい、

他の株式会社を子会社といいます

(会社法2条3号・4号、「経営を支配している」の詳細につき

会社法施行規則3条参照)。

 親会社A子会社Bが共同して、または子会社Bだけで他の株式会社Cの

総株主の議決権の過半数を有するときは

株式会社Cは親会社Aの子会社とみなされます。

 カテゴリ

委員会設置会社

  •  カテゴリ:
 指名委員会監査委員会報酬委員会を置く

株式会社をいいます。
 
 委員会設置会社の制度は平成14年の商法改正以降

導入されたものであり、委員会制度と執行約制度を

組み合わせることによって、取締役会・監査委員会が

業務執行を監督し、執行役が業務執行を行うという、

アメリカ型のガバナンス機構を

選択することができきるようなりました。
 
 会社が委員会設置会社となるためには、定款に委員会

等を置く旨定めることを要します。

委員会設置会社には取締役会と会計監査人を必ず置き、

また執行役を少なくとも1人以上置かなければなりません。
 
 委員会設置会社の取締役の任期は、選任後1年以内に終了する

事業年度のうち最終のものに関する定時株主総会の

終結の時までであります。

また委員会設置会社の取締役は、会社法または会社法に基づく命令に

別段の定めがある場合を除き、委員会設置会社の

業務を執行することができません。
 
 委員会設置会社の取締役の職務は、①経営の基本方針、

監査委員会の職務の執行のため必用なものとして

法務省令で定める事項など執行役相互の関係に関する事項、

その他委員会設置会社の業務執行の決定を

執行役に委任することができます。
 
 委員会設置会社の委員会(指名委員会、監査委員会、報酬委員会)は、

それぞれ委員3人以上で組織され、各委員会の委員は、

取締役の中から、取締役会の決議によって選定されます。

各委員会の委員のうち過半数は、社外取締役でなければならりません。

また監査委員会の委員監査委員)は、その会社・その子会社の執行役・

業務執行取締役またはその子会社の会計参与

(会計参与が法人であるときはその職務を行うべき社員)

もしくは支配人その他の使用人を兼ねることがことができません。

各委員会の委員は、いつまでも、取締役会の決議によって理解することができます。
 
 各委員会の職務権限は、次の通りであります。
 
 ①指名委員会━指名委員会は、株主総会に提出する取締役

(会計参与設置会社では取締役と会計参与)の選任・解任に関する

議案の決定を職務とします。
 
 ②監査委員会━監査委員会は、(1)執行後、取締役

(会計参与設置会社では執行役、取締役、会計参与)の

職務の執行の監査と監査報告の作成、

(2)株主総会に提出する会計監査人の選任・解任・会計監査人を

再任しないことに関する議案の内容の

決定、を職務とします。
 
 ③報酬委員会━報酬委員会は、執行役等の個人別の報酬等の内容を

決定し、執行役が委員会設置会社の支配人

その他の使用人を兼ねている場合には、

その支配人その他の使用人の報酬等の

内容についても決定することを職務とします。

頼母子購

  •  カテゴリ:
 頼母子講は無尽講などとも呼ばれ、社寺への参拝に必要な経費や何かの購入資金

を得るために考案されたもので、今日は「無尽業法」という

法律によって規定されています。

そのしくみは、多数の者が寄り合って全体の口数と一口当りの金額を定め、

全部が引き受けられたら、定期的に各口ごとに一定額の掛金が支払われ、

集まった金員をクジなどの方法で一部の者に給付するという手続を、

全員に一巡するまで行うものです。

このような講契約は組合契約類似の無名契約(別項)として成立するものと

考えられているが、組合契約と異なって、構成員のうち

講金の受領者と未受領者との間に利害の対立がみられ、

また組合財産を手段として対外的に取引をすることは

ほとんどありません。

 カテゴリ

 タグ

訴えの取下げ

  •  カテゴリ:
訴えの取下げ


 訴えが提起された後に、もはや審判を求めない旨の、

裁判所に対する原告の意思表示のことです。

 AがBの所有地に、無断で小屋を建てて使用しているので、BはAを相手どり、

「小屋を収去して土地を明け渡せ」と請求する訴えを起こしました。

訴訟の途中で、Aは訴訟に負けることがはっきりしてきたので、

判決を待たず自分で小屋を取り除いて土地を明け渡しました。

このような場合、Bは、判決をしてもらう

必要がなくなるので訴えを

取り下げることができます。

 訴えは、原告が請求について裁判所の審理裁判を要求する行為だが、

このような要求を撤回するのが訴えの取下げで、

訴えの取り下げがあると、訴訟は終了します。

 このように訴えの取下げは原告の意思表示によるが、相手方が本案(請求)について

準備書面を提出し、弁論準備手続で申述をなし、または

口頭弁論をした後にあっては、相手方の同意を

得なければ取下げの効力は生じません。

 当事者双方が口頭弁論もしくは弁論準備手続の期日に出頭しないなどの事由があり、

一ヶ月以内に期日指定の申立てをしないときは、

訴えの取下げがあったものとみなされます。

また、当事者双方が、連続して二回、口頭弁論あるいは弁論準備手続の期日に出

頭しないなどの事由があるときは、やはり訴えは

取り下げられたものとみなされます。

当事者に訴訟追行の熱意がないものと考えられるからです。

 訴えの取下げが適法になされると、取下げのあった部分については初めから

訴訟係属がなかったものとみなされます。取下げは

終局判決があった後にあっても可能であるが、

本案につき終局判決があった後に取下げがあったときは、同一の訴えを

再び提起することは許されません。

押収

  •  カテゴリ:
 捜査において証拠物または没収すべき物を集め、確保しておくための処分であって、

原則として裁判所が行い、時には裁判官が行います。また、押収には差押え、

提出命令、領置の3種があるが、いずれも物に対する強制処分であり、

差押えには原則として令状が必要です。

 これは憲法35条に規定されていることでもあります。

 なお公務および業務上の秘密を守るという観点から、押収が制限される場合があります。

押収を行うときには令状を示し、押収した物の目録を

作って所有者そのほかの者に渡します。

 押収した物については、必要に応じて番人を置き、所有者に保管させたり、捨てたり、

売って代金を保管したりすることもでき、とどめておく必要がない物は

戻さなければなりません。

引致

  •  カテゴリ:
 引致とは司法巡査が自ら逮捕しまたは私人から引き渡された被疑者、検察事務官が

逮捕した被疑者を司法警察員、または検察官に引き渡すことをいいます。

 司法巡査が自ら逮捕状により被疑者を逮捕したときは直ちにこれを司法警察員に

引致しなければなりません。また司法巡査が私人から現行犯人を

受け取った場合も同様です。検察事務官が被疑者を

逮捕したとき直ちにこれを検察官に

引致しなければなりません。

逮捕状にはこの引致すべき官公署または場所を明記しなければなりません。司法巡査、

検察事務官は被疑者を逮捕する権限はあるが、逮捕後の一連の手続、

つまり犯罪事実の要旨の告知、弁護人選任権の告知、

弁解の機会をあたえることなどの権限はないので、

これらの権限を有している司法警察員や検察官に直ちに引き渡して被疑者が

不当に勾留されないように被疑者の人権を保障しようというわけです。
身の回りのトラブルでお悩みの方はコチラ ↓ ↓ ↓
Copyright © 法律用語集 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

バイトの食事

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。