占有機関・占有補助者(せんゆうきかん・せんゆうほじょしゃ)


例えば、借家人Aさんが、家族のBさんや住込みの使用人Cさんとともに

借家に同居している場合に、BさんやCさんは現実に借家を利用し、

その意味で事実上借家を支配しているのですが、それは、むしろ

Aさんの支配(占有)に包括されており、これと独立した支配

(占有)とはみなさないことが事態に合致します。


換言すれば、BさんやCさんはいわばAさんの手足となって

物を支配しているにすぎません


かような場合のBさんやCさんのことを占有機関若しくは

占有補助者と称し、この人たちは独立の占有を

有していないものとされています。


したがって、家主が建物からの立ち退きを請求する際には、

Aさんのみを相手方にすべきものとなります