本証と反証


 本証とは、当事者の一方が、自ら立証責任を負担している事実を証明するために

提出する証拠をいいます。この事実の存否については、裁判官に確信を抱かせる

程度まで証明しなければならず、もし、その程度までに達しないときは、

立証責任の負担によって、不利益に判断されます。

 これに対して、反証とは、立証責任のない当事者が相手方当事者の立証責任を負う

事実を否定する目的で、それと反対の事実を証明するために提出する証拠をいいます。

本証が目的を達するためには、要証事実について裁判官に

確信を抱かせなければならないが、反証は、

反対の事実について裁判官に確信を抱かせる必要はなく、本証による裁判官の

心証形成を妨げまたは動揺させ、その事実について真偽不明の状態に

持ち込む程度で、その目的を達することができます。

これによって相手方の本証による要証事実の証明は失敗し、立証責任の原則に従って、

その相手方が不利益な判断を受ける結果になるからです。

 本証・反証の区別は、その提出者の立証責任の有無によるのであって、原告・被告の

地位によるものではありません。例えば、抗弁を提出した被告は

その抗弁事実について立証責任を負い、

それを証明するため被告の提出する証拠は本証であり、この抗弁事実の立証を

妨げるために、原告の提出する反対事実の証拠は反証です。

反証は本証と同時に、または事後になされます。

 カテゴリ