正当防衛の要件の一つである「急迫不正の侵害」が、人の行為ではなく、

 それ以外の単なる侵害の事実であるとき、これに対して防衛行為を

 なす場合をいいます。

 問題となるのは主として、他人の所有にかかる動物からの

 侵害の場合です。

 この問題についての学説は、かなり細かく分化されていますが、

 大別すると、

  ①動物の侵害は、不正の侵害とはいえないという根拠によって
 
   当防衛の成立を認めず緊急避難だけが許されるとする説と、

  ②動物からの侵害も原則として人の行為に由来するとして
 
   正当防衛の成立を認める説

 とに分かれます。

  もっとも、前の説に於いても、人が動物を道具として侵害を行なうときは、

 たとえ、それが、故意行為ではなく、猛犬をつなぐのを怠っていたような

 過失行為であったとしても、動物が侵害者の所有に属する限り、

 正当防衛を行なうことができるものとされています。


  したがって、前説と後説との違いは、後説に於いては、動物からの侵害は、

 原則として、人の行為に基づくものと判断され、まず正当防衛が

 なし得る、とする点にあることとなります。