正当防衛の要件が具備されていないにもかかわらず、具備していると

 誤信して防衛行為に出ることをいいます(錯覚防衛)。

 夜道で人と出会い、これを強盗と思い違いして傷つけたら、単なる

 通行人だった、というような場合に論じられます。


  実際には、急迫不正の侵害(強盗,etc)がないのにあると誤信して

 防衛行為に出たという点で、侵害の存在を前提とする正当防衛に

 類似していますが、似て非なるものです。

 
  この場合を、単なる過失傷害と捉えるか(事実の錯誤説)、または

 一応、故意の傷害と捉えるか(違法性の錯誤説)については

 学説の対立があります。

 刑法学上、最も争いのある問題の一つとなっています。

 なお、これに関して「盗犯罪防止及処分ニ関スル

 法律 一条二項」に特則があります。